ホーム > 製缶技術 > キャップ(アルミボトル用)

キャップ(アルミボトル用)

アルミボトル缶用のキャップの製造工程をご紹介いたします。

シェル工程

キャップの本体を成形します。印刷と塗装が施されたアルミシート材の打ち抜き、キャップの形状にする深絞り加工、キャップの高さを揃えるトリミングを行います。

ナーラー加工

キャップの側面を成形します。
キャップを開ける際に生じる圧力を解放するためのベントホール加工を行います。
キャップを開けた際に切り離されるブリッジを成形します。

ライナー加工

キャップの内側に密封を目的としたシール材をセットします。

検査工程

各工程で行う中間検査に加え、すべてのキャップに対して厳しい検査を行い、検査を合格したキャップのみを梱包し保管します。