ホーム > アルミ缶リサイクル活動 > 三菱マテリアルグループのリサイクル活動

三菱マテリアルグループのリサイクル活動

リサイクル性に優れたアルミ缶は、省資源・省エネルギーの優等生、地球環境にやさしい容器です。UBC(Used Beverage Cans:使用済み飲料缶)はリサイクルされることによって何度でもアルミ缶に生まれ変わります(CAN TO CAN)。アルミの再生地金は、新地金製造の約3%のエネルギーで作ることができますので地球温暖化防止にも役立ちます。当社が属する三菱マテリアルグループでは業界に先駆けて1970年代からアルミ缶リサイクルに取り組んでまいりましたが、2001年に、UBCを回収し、直接的に缶材圧延用スラブを製造する工場を稼働させ、グループ内で缶材圧延、アルミ缶製造までのUBC一貫処理システムを構築しております。

画像