ホーム > 会社情報 > 沿革

沿革

三菱マテリアル

1918年(大正07年)
三菱鉱業(株)(現三菱マテリアル(株))創立
1950年(昭和25年)
集中排除法により石炭(三菱鉱業(株))、金属(太平鉱業(株)、翌年三菱金属鉱業(株)に)両部門に分離
1972年(昭和47年)
富士小山工場(2ピースアルミ缶ボディ・エンド)竣工、飲料用アルミ缶事業に進出
1974年(昭和49年)
岐阜工場竣工(2ピースアルミ缶)
1976年(昭和51年)
岡山工場竣工(2ピースアルミ缶)
1977年(昭和52年)
アルミ缶開発センター設置
1990年(平成02年)
結城工場竣工(2ピースアルミ缶)
三菱金属(株)と三菱鉱業セメント(株)合併、三菱マテリアル(株)発足
1992年(平成04年)
富士小山工場エンド新ライン完成
2001年(平成13年)
日本初のUBC(使用済みアルミ缶)-スラブ一貫処理工場が完成
岡山工場アルミボトル缶製造開始
2003年(平成15年)
結城工場アルミボトル缶製造ライン竣工
2005年(平成17年)
アルミボトル缶用のキャップ製造開始

ホッカンホールディングス

1921年(大正10年)
北海製罐倉庫(株)創立
1950年(昭和25年)
企業再建整備計画により北海製罐(株)設立
1955年(昭和30年)
函館工場設置
1960年(昭和35年)
釧路工場竣工
1971年(昭和46年)
岩槻工場竣工
1979年(昭和54年)
館林工場竣工(2ピース缶ライン稼働)
1989年(平成元年)
千代田工場竣工(プラスチックボトル製造開始)
1991年(平成03年)
SIプラント飲料缶用アルミ蓋専用工場として製造開始
1993年(平成05年)
滋賀工場竣工、2ピースアルミ缶製造増強
1998年(平成10年)
滋賀工場にペットボトルライン導入
2003年(平成15年)
館林工場・滋賀工場でアルミフォームパターン缶製造開始
2005年(平成17年)
会社分割による純粋持株会社へ移行

ユニバーサル製缶

2005年(平成17年)
三菱マテリアル社とホッカンホールディングス社の事業統合によりスタート
2007年(平成19年)
館林工場とSIプラントを統合し、群馬工場(ボディ部門、エンド部門)に名称変更
2009年(平成21年)
群馬工場(エンド部門)を北海製罐株式会社に譲渡
2010年(平成22年)
本社事務所移転